1999年、新卒でNTTデータのグループ会社に入社し、プログラマとして航空管制システムなどの開発に従事。その後、営業職にキャリアチェンジする。30歳で退職し、そこから10年間は個人事業主として活動。営業組織でトップの成果を挙げたが、心の満足が得られない状況の2015年に株式会社ベンチャーバンクと出会い入社。人材開発部の立ち上げに参加する。部長、執行役員を歴任し、2016年人材開発部を株式会社iGENEとして分社化。代表取締役社長に就任する。

 

 

 

 

 

代表からのメッセージ

弊社に興味を持って頂きありがとうございます。

こんにちは、代表の吉田拓也です。

 

私たちはどんな会社なのか?

この世界にどんな影響を与えようとしているのか?

その想いが少しでも伝われば嬉しいです。

 

私の信念を一言で表すならば、当社の企業理念である

「私は人間の可能性を信じます」

 

私は自分の可能性を信じて、人の目を気にせず本気で生きたいという気持ちと

周りに嫌われず、非常識な人間になりたくはないという気持ちの狭間で10代と20代を生きていました。

 

そんなダサい自分に気が付き、何かしなければと思い立った時、MLMと出会い、それをきっかけに様々なビジネスをしました。

会社を退職し、成功者、経営者、カリスマリーダーと呼ばれるような人たちに出会い、成功哲学を学び、実践し、個人事業として結果にもこだわりました。

そして年商2億円を超える成果を創り出し、自分自身も周りの人に成功哲学を教え、どのようにしたら成果が出せるのか?その考え方とやり方を教えていました。

想いは必ず実現するという信念でやり抜いてきたのです。

 

ところが、自分自身が求めていた経済力や成功を得つつあるにも関わらず、人生の様々な部分で問題が起こっていきました

 予想もしなかった事、経済的なトラブル、絶望の淵に立っても信念で乗り越えるものの、精神的なストレスは増していき、心の中は孤独でボロボロ。

 

人生を本気で生きて、描いたゴールに向かって必死で船を漕いでいるのに、ゴールからどんどん離れていくような感じでした。

 

 

人生に疲れを感じ、リセットしたい気持ちでいた2015年3月。

 

私は運命的な出逢いをします。

 

それは、ベンチャーバンクグループ創業者の鷲見貴彦との出逢いでした。

 

鷲見は私にこう言いました。

 

 

「人生の目的は幸せになることです。いま幸せですか?」

 

 

 

私はこの言葉に目からうろこと、涙が流れ落ちました。

 

「成功すれば幸せになれる」

「幸せになるために夢を叶えよう」

 

信念を持って、今まで幸せを犠牲にし突き進んできた人生。

成功や達成を求めて生きてきたことは無駄ではなかったけれど、大事な人生の目的を忘れていたのです。

 

鷲見は、私の今までの体験を受けとめた上で、

理念教育を専門で行う人材開発部の設立とその部長職をオファーしてくれました。

 「大熊えりこ」「中村愛子」という素晴らしいトレーナーにも恵まれました。

そして、思考錯誤を重ねて、体験型の合宿型理念研修を完成させました。

 

我々の研修はヨガ哲学を土台にしています。

 

心と言葉と行動を一つにすること。

幸せに生きること。

利他の精神で人に与えること。

そして全力で素直に生きること。

 

人生に正解も方程式もない。

あるのは自分自身でどのような運命を創りだすのか?

答えは一人一人の中にあります。

 

受講した研修生は、自分の内側にある本気に目覚めます。

本当はどのように生きていきたいのか?

仕事で何を実現したいのか?

幸せに生きるとはどういうことか?

 

3年で述べ5000名以上に研修をしました。

 

毎日めまぐるしい日々を過ごしていますが、確実に全社の風土は変化しました。 

2016年10月には人材開発部を株式会社iGENEへと分社独立することとなり、今に至ります。

 

毎日情熱的に仕事をし、心の幸せを日々感じ、人生の目的と仕事が一致しています。

そして、我々の研修を通して、そのように生きられる人々が沢山誕生しました。

 

自分の想いに素直に生きることはとても素晴らしいことです。

多くの人にそうなって欲しいと心から願っています。

 

人材教育こそが人生の喜びであり目的であると感じてる貴方。

ぜひ、一緒に仕事をしましょう。

 

いま、人類や社会は危機的な状況にあります。

全力で生きること。本気を出すこと。本音を語ること。

自分の人生に目的を持って生きることこそが、

AI時代の中で人類が幸せに生きていく唯一の方法です。

 

いま、iGENEに必要なのは、本気で生きる喜びを伝える講師であり、プロデューサーです。

 

あなたのご応募をお待ちしています。

 

株式会社iGENE

代表取締役

マスタートレーナー

吉田拓也

 

 

【iGENE企業理念】

 

私たちは人間の可能性を信じます。

 

そして、関わるすべての人々が

 

使命に気づき、

 

本来の能力を発揮し、

 

一人一人が幸せな人生を

 

全うする世界を実現します。

 

 

 

我が社の現状と今後の展開

 

当社は、株式会社ベンチャーバンクの人材開発部が分社化して誕生した会社です。現状は、毎月4回から8回の2泊3日、または1泊2日の合宿研修を開催しています。ベンチャーバンクグループ各社の新入社員が毎月100名以上入社されますので、彼らに理念を土台とした体験型の研修を実施し、今まで述べ5000名以上の受講生がいます。

我々が大切にしているマインドを一言で言うとすれば「今に感謝して本気で生きる」ということであり、当社のビジョンは、【関わる全ての人々が使命に気づき、本来の能力を発揮し、一人一人が幸せな人生を全うする世界をつくる】です。その実現のために、2020年までに企業、社会人、学生に対してさらに影響力を拡大していきます。

そのために、組織体制を強化していく必要があります。現在の社員数は8名で、ファシリテーターは私を含めて3名という体制です。今後2~3年以内に20名程度の規模に拡大し、その中で6名以上の当社の核となるファシリテーターを育てたいと考えています。

仕事をする上で大切にしていること

 

我々の研修は、知識やノウハウを教えるだけの研修ではありませんし、フレームワークをただやるだけの研修でもありません。体験型研修であり、毎回がアドリブで受講生と向き合い、自分自身と向き合い、情熱と本気、信頼と愛を持って仕事に取り組んでいます。我々のトレーニングは唯一無二であるという自負があります。

そのファシリテーターとして大切なことは、自分自身の人生に対する人生観と、成功哲学や心理学などの知識や技術を常に学び続ける向上心。なによりも、今までの仕事でチャレンジしてきた生き方から得てきた達成体験と潜ってきたドン底体験から語れる生の言葉。人を本気にさせるためには、自分自身が本気かつ真剣に生きて、仕事に取り組む必要がありますし、最後まで諦めない折れない心が大切なのです。

入社される方に期待すること

私たちの理念は「私たちは人間の可能性を信じます」です。可能性を信じているからこそ、毎回本気で受講生に向き合います。ということは、ファシリテーター自信が、自分自身と向き合い続けなければなりません。常に自分自身を高め、進化させ続けるためには、人材育成を通して関わる人や社会を良くするんだ!という志や夢が必要だと私は考えています。人前で話をするのがたとえ上手くても、私たちの理念に共感できなければ一緒に仕事をすることは難しいでしょうし、逆に人前で話すことが今は下手でも私たちの理念に共感できれば一緒に仕事をすることの中に喜びを感じていただけると思います。「好きを仕事に」が合言葉ですから。